うつには様々な種類がある|症状を知りうつ病を克服しよう

ウーマン

喪失感からの病気

メンズ

大切なものや存在を失いショックを受け、その衝撃から喪失感が続いてしまう喪失うつという病気があります。喪失感は誰にでも起こる感情ですが、何日絶っても心の傷が癒えずにつらい日が続く状態ならば喪失うつの可能性があります。

詳しく見る

精神的な病気

女性

うつ病は、些細なストレスによって発症してしまう心の病であり、症状は身体的、精神的な面において様々現れ、うつ病を完治するために、早期発見のためのセルフチェックが重要となります。また、うつ病患者へは決してプレッシャーを与えないような接し方をすることも大切です。

詳しく見る

精神的な疾患

悩む女性

近年ストレス社会といわれています。ストレス社会とはとても辛いことであり、苦しい時代であります。よくストレスを溜めすぎると鬱になるという言葉を耳にしますが、実際そうではありません。うつには大きく別けて4種類あると言われています。その4種類を把握しておくと、うつの対策を考えておくことができます。まず一つ目は、精神的ストレスです。このストレスに関しては誰もが経験するものであると思います。例えば、職場で嫌な人がいる。などといったことから感じるものであると考えられます。次のストレスは、構造的ストレスです。この症状は、体のゆがみから起こるストレスであります。体がゆがんでいると、内臓や脳の組織にもゆがみがでます。この症状が脳に伝わりストレスとなってしまうのであります。三つ目は、化学的ストレスであります。このストレスは、なにかの栄養素が足りないときに感じるものであります。例えば、コーヒーが好きな人はコーヒーを飲まずにはいられなくなってしまい、不足していると、脳がストレスを感じてしまうという症状であります。最後は、温度と湿度によるストレスです。この症状は、気温の変化などで自律神経が弱ってしまうといわれています。このようなことがうつの原因であるといわれています。

うつの原因となっている、ストレスを取り除くことは大切なことです。しかし、このようなことを行ってもなかなか改善されないこともあります。このような時はうつ診断をしてみると良いと思います。最近ではネットでもうつの診断ができるテストなどもあるのでそのようなものを活用して、自分がうつなのかどうか、どのようなうつなのかをしっかりと知っておくことが重要になります。また、自分がどのような症状に当てはまるかわかったら、病院を受診することが良いとされます。病院を受診することによってうつの診断をより明確なものにしてくれます。また、話も聞いてくれるので根本的なところから改善していくようにしてくれるのであります。それから、うつに対応した薬も出してくれるのであります。したがって、薬物治療によって症状を軽くすることもできるのです。これらが、うつの対策と予防策になります。悩んでいる方はまず、症状としっかり向き合うことが重要であります。また、うつだったからといって自分を責めずにどうしていけばよいのかをしっかりと把握していくことが今後の対策につながると思います。

種類と特徴

手を広げる女性

うつ病には抑うつ状態のみが現れるものと、双極性障害という抑うつ状態と躁状態の両方が出現するものの2種類があります。双極性障害の方の気分の落ち込みは鬱病のそれと似ていますが、根本的には別の病気なので治療法や薬は異なります。

詳しく見る

精神が仮面をかぶる病気

メンズ

うつ病でもいろんな種類がありまして、身体的な症状が精神の変わりに現れてくる仮面うつ病というものがあります。それは見た目ではうつ病とわかりづらく本人も気づかないでいることもあるため、体に何か症状が現ればそれは精神が悲鳴をあげているのです。

詳しく見る

Copyright© 2016 うつには様々な種類がある|症状を知りうつ病を克服しよう All Rights Reserved.