うつには様々な種類がある|症状を知りうつ病を克服しよう

2人の女性

精神が仮面をかぶる病気

メンズ

見た目でわかりにくい病気

うつ病にもいろいろと種類がありまして、双極性障害、適応障害、冬季うつ病、産後うつなどさまざまです。それらは見たところから症状がわかることがあり、病気にかかるまでは明るく話もできていたのに病気にかかるとおとなしく場合があります。また、ひどくなれば自殺願望まで持ってしまうこともあります。そのネガティブな状態が何日も続くと何らかの病気を発症している可能性があり、普段の生活の態度でうつ病わかることがあります。しかし見た目でもはっきりとわかりにくいうつ病もあります。それが仮面うつ病です。仮面うつ病とはどのような症状が現れるのかといいますと、まるで精神状態が仮面で覆われて見せなくしてしまっているかのように、精神的な症状の変わりに身体的な症状が現れる病気です。その症状は、病気になるまではおいしく味わっていたものが病気にかかることでおいしく感じなくなる人もいますし、胸部が圧迫されるような感じが現れることもあります。そのほか立ちくらみや頭痛、腹痛、吐き気、動機、発汗などもあります。これは自分自身も仮面うつ病になっていることに気づかない場合が多く、しかも症状が身体的なものばかりなため、まさかうつ病にかかっているとは思わずに放置してしまうこともあります。

頑張り屋さんはご注意

仮面うつ病にかかりやすい人のタイプでは、頑張り屋さんでストレスを感じても仕事や学業など作業に取り組む人がなりやすいといわれています。頑張り屋さんと言われる人は体に悪い症状が出てきたとしても、何とか耐えることができると感じれば作業に取り組んでしまうこともあり、無理を続けてしまう結果体も精神もぼろぼろになるといわれています。そして、その頑張りが報われないと感じたときに大きなショックを受けてさらに悪化することもあります。たとえば、離婚、降格、生活環境の変化、大切な人との死別、失恋など、がむしゃらに頑張ってしまうことで体に無理をしてしまい、ショックを受ける受け皿がもろくなってしまうのです。このようにならないためにも自分自身、作業を行なうペースを守って仕事や学業などし過ぎないように心がけることが大事です。周囲にも頑張り屋さんな人がいれば「その辺で終わりにしよう」と声をかけることで病気を予防させることができます。いけないのは「もっとやらなければ」と思い込んで自分を追い込むことです。眠れなく感じたり頭痛を発症しやすくなったり食欲が低下すれば、それは精神が悲鳴をあげるサインでもあるため身体に症状が出てこれば注意が必要です。

Copyright© 2016 うつには様々な種類がある|症状を知りうつ病を克服しよう All Rights Reserved.