うつには様々な種類がある|症状を知りうつ病を克服しよう

2人の女性

精神的な病気

女性

どんな病気かを知る

うつ病、という病気をご存じでしょうか。うつ病は、ストレス社会と言われている現代その患者数を増やしている精神的な病であり、決して珍しい病気ではなくなってきました。うつ病の症状は人によって様々です。食欲不振や過食などの摂食障害、寝れない、または起きられないなどの睡眠障害など身体面での症状もある他、何をしても楽しくない、やる気が起きない、常に悲しい気持ちが続いてしまう、などの精神面での症状もよく見られます。しかしこのような症状は、日常生活の中でストレスを感じたり、何か嫌なことがあったりしたら通常現れてしまうものです。しかし通常は人に話を聞いてもらったり、時間が経つに連れてストレスは和らいで行きますが、うつ病は、この症状が2週間以上続き、治らない状態を指します。このようにうつ病の原因は、主にストレスであるとされています。学校や会社での人間関係や、引越し、転職などの環境の変化、親や周りの人との金銭的トラブルなど様々な面で人はストレスを抱えて生活をしています。そしてこのようなストレスを乗り越えられず、自分の中で抱え込んでしまうことによってうつ病は発症します。しかし、発症してしまう人は心の弱い人であるというわけではありません。真面目で責任感が強く、仕事熱心である人ほど、そのような状態を一人で何とかしようと努力するあまり、病気になってしまいがちであると言われています。

セルフチェックと接し方

うつ病は、一度発症してしまうとなかなか完治するのが難しい病気です。治療は一般的に、専門医師とのカウンセリングなどの内面的アプローチと、抗うつ剤による外面的アプローチから行われます。しかし、話を聞いてもらったり、薬を飲んだりしたからといって、一発で治る病気ではありません。時間をかけて原因となってしまったストレス要因を取り除き、少しづつ症状を回復させていく必要がある病気です。そのため、出来るだけ完治を早めるために早期発見がとても重要となります。そこで、ストレスを抱えていたり、憂鬱な状態が続いたりした場合は、セルフチェックをしてうつ病かどうかを診断する方法が完治のカギとなります。セルフチェックとは、インターネットや雑誌などで、簡単な質問項目に答えていくだけで、自分がうつ状態であるかを判断できるというものです。病気になりそうな疑いがある場合はセルフチェックをして、病気の早期発見に努めることが重要です。また、うつ病の人への接し方も重要です。頑張れ、すぐ良くなる、などの声掛けは逆にプレッシャーを与えてしまうことになり、逆効果と言われています。焦らなくて良い、ゆっくり治療していこう、などの声掛けをして自分は味方ですよ、という態度で接してあげることが完治へのカギの一つであり、うつ病患者への接し方のポイントです。

Copyright© 2016 うつには様々な種類がある|症状を知りうつ病を克服しよう All Rights Reserved.